【完全保存版】人たらしの会話術

人たらしの技術は重要である

 

相手に自分と話していることが楽しいと錯覚させることができれば、相手の心に侵入し、篭絡することができるためだ。篭絡できることによって相手を思いのままに動かすことができるので、組織を運営することや取引先から契約という名のお金を引っ張ることだってできる。人を心酔させ心から協力させることで、自分の人生の時間を24時間以上に延長させることができる。人の時間を使い、自分の夢を叶えることができる。

 

この人のために○○しようという気にさせる力は、つまるところ人柄で、人たらしで、一種のカリスマである。

 

そんな人たらしのための会話術を今回は議論していく

 

 

相手に話が楽しいと錯覚させる方法、人たらし

 

●発信(伝える力、相手がもっと聞きたい!と錯覚してしまう)

VAC

5W1H

間の時間間隔をつかむ

→これだけで雰囲気は誤魔化せる

 

●増幅(相手が話してて楽しいと思わせる)

切り口の巧さ、気持ちの共感

知らなかったスゴイ!知ってたけど、そういう見方もあるんですね!

 

知らない知識で、興味もさほど湧かない相手側の嗜好の話に対して、興味を示し、自尊心を満たしてあげる会話の返し方

 

「」

今まで興味なかったけど、○○さんの話を聴くと面白そうだね!

(人は元来コミュニケーションが苦手な人が多いから、相手に自分の言葉が響いたみたいで心に入り込める。コミュニケーションがうまいんじゃないか、相手がうまく行ってるんじゃないかって勝手に錯覚してくれるので、相手がホイホイ自分のことについて語ってくれる)

 

(あなたの価値観は否定しませんよ的な返し)