したくないこと

●働きたくない場所・業界

・非効率な働き方を強要する職場

・儀式が蔓延している職場

・斜陽産業で働くこと

・スキルも上がらないのに長時間労働を強要し、給与の低い職場

・論理的な会話がなされない職場

・上司が抽象的な指示や根性論で発破をかける職場

・雰囲気が負の職場

・妙にキラキラしていて意識だけ高そうな場所

 

●日本の現在

少子高齢化による人材不足

・アジアの新興国が発展し、誰でもできる仕事は新興国・ITが担っていく

→年収の二極化が進む

働き方改革→外的要因なので使えるトークに使う

 

 

●したいこと

・一時的にはハードワーカーでいいので、そこで経験を奪い取り、したくないことをせずしたいことをする人生を歩む。

・場所・人にとらわれず、個人の力で働くことを切り開く

 

●稼ぐためにどこを攻めに行くか

・市場が大きい場所は大きく稼げる

 →勤め人の場合は、忙しいが金融や不動産は資本が貯めれるという点で強い

 →反面、上に行くには政治力が乏しい俺からしたらまず不可能

・個人が稼ぎに行くには大資本が参入しづらい場所に入る

・物販にせよアフィリエイトにせよロングテールを狙う

 →他の人が考え付かない商材や、思いついても参入障壁が高い場所を狙う

 →アフィリエイトは極論ASPではなく、ASPにない商材をオフラインで開拓し、売れた数分コミッションをもらうなど

 →ブルーオーシャンを狙う

・需要と供給の関係性から需要のある業界に対して打点が持てる業界が強い

 →起業で失敗をしたとしてもリカバリーの利くIT業界

・起業するにあたり有効な作戦

 →ホリエモン

・起業しようという人は少ないし、日本人はみんなが渡れば怖くない人ばかり。人の逆張りをして稼いでいこう。会社勤めはあくまで手段。

・歴史を学び、未来を先読みして事業をする

 

●企業勤め利点

・安定したキャッシュフロー

・安定したスキルの体得

 

●企業勤め欠点

電通でも年収1000万のうち残業代とボーナスで4割

 →1日中死ぬ気で働いて得られるのが年収1000万。その1000万でさえも税金で持ってかれるので実質生活が変わるわけではない。あくまで、個人で稼ぐための圧倒的経験の場所と考えたほうが妥当。起業するなら金などのリソースは外部から調達するのが吉

 

●起業家利点

・世の中を変えるチャンスを掴める

 →自分の思い描く未来をプロダクトとして提供できる。

・成功したら10億単位の資産家になれる

 →やりたい事業がたくさんできる

 

●起業家欠点

・給与は思ったよりも低い

・失敗したら家畜の生活(在庫ありや借り入れがあった場合)