相手に9割喋らせる質問術

心構え

・ひとつの質問を多面的に訊く

・質問力向上の第一歩は、効率重視の時間貧乏性になること。1時間という時間をいかに濃い時間にするか

・質問はプラモデルのパーツ集め

「どんな人なんですか?」→質問ワードというよりは、質問の目的やテーマ、大見出し

「好きな食べ物」「中学時代の得意科目」「兄弟は何人目?」「子供時代の将来の夢」など、その人を構成するいろんなパーツを集めて組み立てたらその人の実像になってたみたいな

・馬鹿だと思われるくらいの質問でちょうどいい「しょうがねえな、こいつには1から10まで一つ一つ説明してやるか」という感情になるため

→「今の人生観をつくった原点は?」「今回の昇進、メタ認知的にはどう判断されるんですか?」といった意識の高く、自分をちょっと上に見せたい感情が出ちゃうと、ふつう人は「自分のことを話したい」「知らないことを教えてあげよう」いう心理にはならないし、対談は失敗する

→部長、関係ないですけど、子供のころモテたでしょ?p50

質問づくりの基本は「リスペクトの精神」「理解しようとする態度」

・質問づくりの神髄は、心理テストを作るつもりでp53

・過去の情報の集めすぎは、先入観や思い込みを生むため、あえて集めすぎない

・共通のネタを5つ探す「趣味が同じ」「愛読書が同じ」「共通の友人がいる」など

 

つかみ

小さな質問を通して、相手がどんな人物なのか予測を立てておくp70

最初にテーマを設定する「社長の人脈の作り方についてぜひ学びたいと思い、お時間を作っていただきました。よろしくお願いいたします。」

 

リラックス

初恋の相手は?

初キス

初デート

失恋

今の仕事をやっててよかった瞬間

好きなもの、嫌いなもの

→「嫌い」にはその人自身の自己評価も含まれてる

 

自分からぶっちゃける

→「もう、きいてくださいよ!めちゃくちゃ腹が立ってるんです、ぼく」

→「こんなにひどい目にあったという話」すると俺だってとなり、競り合いたくなる。相手が言うなら自分だって言いたいという心理。本気でぶっちゃけることで、相手が「ここまで腹を割ってくれたのか!」となり、相手も安心して自分のことが話せる

そもそも

→そもそもだけで会話がつながるし、相手の核に触れることができる

 

レスポンス

「わかります」という共感は本当に理解なんてできない。「わかる気がします」だったり、「自分の小さな世界に例えれば、○○みたいなことですね」あくまで同じベクトル上にはあるけど、自分はベクトルのはるか末端でわかるに過ぎないという謙遜が相手の心を氷解させる

 

相手のしぐさから行間を読み取るp104

 

相手の話を要約してタイトルをつけると話を聞いてる能動的なアピールができる

「なるほど、損して得取れ的な感じですね」

 

相槌のさしすせそ+マジっすか!?

 

ホメつっこみ

間接的にホメる

口コミ、人に褒めさせる

美人に「美人ですね。」

天才に「天才ですね。」は言われ慣れているのでかえって不快。

美人に「中学生のころ一人はいたんですよ。あなたみたいな人。きれいでめっちゃ勉強もできて」

そこから「それはそれで苦労もあるんですよ」と話が広がる

イケメンなら「もういいでしょ。これ以上何が欲しいの?」と笑ってその場を盛り上げる

 

つぶやき褒め、ためいき褒め

「おいしい!」よりは「この寿司、うまいなあ...」

「そのアイデアおもしろいですね!」よりは「それは思いつかなかった」「やられた」

 

スケールでっかく褒め

稼いでる人に「儲けすぎでしょう。日本買う気ですか?」

子供のころは「かなりのお坊ちゃんだったんですよね?」

 

ほめるところは

その人が注目してほしい、わかってほしいと思っているツボを見つけて、そこを褒める

 

人は今を褒めてほしい

「やっぱり○○さんわかりやすいですね。そんな○○さんだからこそ、昔の経歴を知りたい」

 

122から

 

 

広げ方は?

 

質問の仕方例

「珍しいお名前ですね!出身地と何か関係あったりするんですか?」

「有名なヴァイオリニストの○○さんとはご親戚か何かで?」

「部屋の隅にあるオブジェ、何なんですか?」