結局仕組みを作った人が勝っている【エッセンス】

結局仕組みを作った人が勝っている【エッセンス】

 

概要


自動的にお金が入ってくる仕組みを作ることにより、経済的・時間的自由を獲得するアイデアを10つ紹介

 

仕組みを自分で創り上げ、経済的・時間的な自由を獲得するか。それともこの先ずっと仕組みの一部として働き続けるか。―あなたはどちらを選びますか?

 

起業家は仕組みを作り出し、雇用を創出する存在である。
起業家は頭に汗をかき、収益システムを作り出し、お金を稼ぎだすもののことである。
起業家は世間の1%にも満たない存在であり、世間一般の常識とは相反する存在のことである。もし起業家になるのであれば、99%の人間のもっともらしいマイナス意見を聞く必要はない(フリーランスをしてない人のフリーランスできるわけないとか、キャリアにマイナスだぞ!とかそういう類のもの)。そのため、起業家には友達は少なくてよい。

 

「仕事」とは単なる金を稼ぐための手段ではなく、自分の能力を伸ばし、自己実現を目指すうえで、重要な役割を示している16

 

シュリーマンになれ
好きなことをして暮らすのであれば、まずは経済的な基盤を得ることが大事である。

 

自身の体1つで得られる収入の範囲は【加算的】なものにすぎず、自分の時間の範囲のみであるため限られてくる。


仕組み所有者は、自分が寝ている間にも収入が入ってくるし、仕組みを増殖させることで、【乗算的】に収益を伸ばしていくことができる

 

金持ち父さんから。ESBIの順になっている。サラリーマンだと仕組みの下に働くことになるため、よくない

 

仮に業績が伸びたとして、その利益は国際競争力や収益力を高めるために使われたり、株主の還元に使われるため、働いても働いても給与が向上しないという状況は、まさに「ラットレース」でしかない。